3月15日の日本テレビにて、悪い奴らは許せない!チョ劇「怒りの告発」スペシャルにて、勝手に部屋の中に合鍵で侵入し、下着などを盗んでいた男がいました。

犯人は前の会社の社員の方。合鍵はその時に財布と一緒に置いてあった鍵で合鍵を作成し、財布の中にあった身分証明書で住所を割り出し犯行に及んだとのことです。

ストーカーに対してどうやって防備をするべきか?

スポンサードリンク

こんなに一方的に室内に侵入されてしまったら、はっきり言って対処のしようがないですよね?部屋に侵入され、盗聴器を仕掛けられていたとしても、気づくこともできないのが実情です。

自分で自衛をする必要がありますね。

ストーカー被害への対策の最善策

ストーカー被害や部屋への侵入で一番怖いのは、いつ入られているのかわからないということです。いつの間にか侵入されて、盗聴器をつけられていたら、絶対にわからないですよね。

今回の番組のように取材などの特殊なケースでない限り、対策ができないのでは?といえます。

自動で侵入者を検知できる電球があった?

先日、世界まる見え特捜部にて紹介されていた電球型の防犯カメラATOM AR2というものなのですが、この防犯カメラがかなり優秀でびっくりしました。

 

電球型の防犯カメラなので、部屋の電球をつけるのと同じ簡単な方法で設置完了

防犯カメラなので、部屋が暗かったら意味がないのでは?と思いますが、侵入者を音声検知し、顔認証をしてくれ自動追尾で映像を追ってくれます。

 

これっ、すごいですよね?

 

また、驚くことに、このATOM AR2ですが、スマホと連動することができ、侵入者がいると、スマホと連携して音声を聞いたり、発したりすることもできます。

 

うーーーん、この優れもの。文明の利器を感じますね。

 

このくらいの防犯カメラになると、およそ10万〜15万ぐらいかな?と思いましたが、まさかの半額以下で販売されていました。

 

いろいろ調べましたがここのサイトが最安値ですね。

 

どうせ、警察は事件が起きてからしか介入しません。

でも、事件が起きた時にはもう遅いですよね?

 

たかだか5万以下で自分の身や大切な人を守ることができるのであれば、こんなに安い買い物はないですね。

 

自分の身は自分で守りましょう。

 

 


Amaryllo 防犯・監視用ワイヤレスネットワークカメラ ATOM AR2 E26口金 360度自動追尾 ホワイト ACR1501R21WH 【国内正規品/メーカー保証/日本語取扱説明書】