4月7日のフジテレビ系情報番組、直撃LIVEグッディ!にて、天然ゴム手袋で死ぬ危険があるということを放送していました。天然ゴム手袋で死ぬの??と思ったのですが、内容を聞いてみて納得、コレマジで死ぬ可能性あります!!

グッディ!天然ゴム手袋で死ぬ理由とは?

スポンサードリンク

直撃LIVEグッディ!にて、天然ゴム手袋で死ぬ可能性があるのは、天然ゴムアレルギーによるものだとのことでした。

洗い物などで手荒れ防止のために使用するゴム手袋ですが、実は天然ゴムアレルギーになると最悪アナフィラキシーショックで死ぬ可能性があるそうです。

海外では15人ほど亡くなられているそうです。

こんな人は使ってはいけない天然ゴム手袋

ゴム手袋市場に出回っている3割が天然ゴム手袋だそうです。

水で硬くなりづらく使い勝手が良いとのことで天然ゴム手袋を使われる方も多いかと思いますが、使用後、手がカユクなる方は天然ゴムアレルギーの可能性があるので、病院で見てもらうことをお勧めしますが、なかなか時間を作ることは難しいですよね。

 

手荒れ防止のために使用するゴム手袋が、手がカユクなり、荒れてしまうという本末転倒なことにもなりかねないので注意してください。

天然ゴムアレルギーが発生しやすい状態とは?

スポンサードリンク

天然ゴムアレルギーに限らず、アレルギーはいつ発症してもおかしくありません。

日本の1~5%が天然ゴムアレルギーと言われているそうで、アレルギーが発症しやすい環境は、

  • 他のアレルギーが出ている状態
  • 汗によって天然ゴム成分が溶け出している状態

 

こんな状態のときに天然ゴムアレルギーになりやすいとのことなので、十分に注意をしてください。

天然ゴムアレルギーになると食べれないもの

天然ゴムアレルギーになると、バナナ、キウイ、アボカド、栗なども食べることができなくなるそうです。

食べ物に含まれるタンパク質によるものだそう。

 

食物アレルギーは本当に怖いです。知らずに食べていた食べ物によってアナフィラキシーショックを起こし、呼吸困難になり亡くなられる方も。

 

何か食べたときに喉がカユクなったり、呼吸が苦しくなったり・・・

気が付いた時には遅かったりします。

 

コレ、病院でわざわざ調べる人も少ないんですよね。

重要なことは発症する前に調べておき、アレルギーになりやすそうな食材を食べないでおく、量を少なくすることで、アレルギーの発生を抑えることが重要ですね。

 

自分のことはわかっていても、ご家族の方はなかなか自分から調べることはありません。

病院に行くのは並んだり、待たされたりで1日が潰れてしまうので、信用のある機関で検査をしてもらう方が簡単です。

 

最近は信用度の高い検査機関のものもあるので安心ですね。

 

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]

 

こちらは自宅にいながらアレルギー検査ができる優れものです。

信頼のある専門の機関のものなので安心ですね。

スポンサードリンク