4月27日のバイキングにて、大場久美子(57)さんが出演され、長い間パニック障害で悩んでいたそうですが、克服できたとのことで、生出演をされていました。パニック障害は原因が未だにわかっていない障害ですが、時間をかければ必ず前向きに対処できるとのことです。

大場久美子がパニック障害を引き起こしたのは?

スポンサードリンク



大場久美子さんは母親の死をきっかけに、原因不明の呼吸困難などに襲われ、狭い空間や歯医者などが苦手になってしまったそうです。

その後、原因を探るために色々な病院に行ったのですが、原因がわからず・・・その後知人の紹介で行った病院にてパニック障害と診断をされたそうです。

パニック障害の主な症状とは?

パニック障害の最初の症状は、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに強い不安や恐怖感を伴うパニック発作。 多岐にわたる症状のため、診断が難しいという部分もあるようです。

パニック発作自体は、多くの場合20~30分くらいでおさまりますが、何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれ、一般的な生活がしづらくなってしまうというものです。

大場久美子がパニック障害を克服した方法とは?

バイキングの番組内にて大場久美子さんが公開していたパニック障害の克服法です。

・まずは病院に行きパニック障害だということを診断してもらう。

(何の病気なのかわからないことから解放された。)

・何かあった時のために連絡先を所持しておく。

・救急車を呼ばなくても大丈夫と書いたものを持っておく。

・発作が起きても大袈裟にしないでくださいと書いたものを持っておく。

・携帯をいつも持っておく。

 

これらの簡単な方法をとったことで、何かあった時にでも大丈夫という安心感がパニック障害を克服することができたそうです。

スポンサードリンク

パニック障害に対するネットの反応は?

 

スポンサードリンク