何でこんな絵がこんな価格になるのだろう?

という抽象画を見たことがある方もいらっしゃるはず。

 

ジャクソンポロック

http://www.jackson-pollock.org/number-5.jsp

 

例えばこちらの絵画も有名。

1948年にジャクソン・ポロックが描いた『Number5』です。

2006年にメキシコ人の投資家デヴィッド・マルチネス氏によって、

約114億円で落札されています。

 

価格が高騰するのも現代アートが投資家の投資対象になっているからなんですが、

それにしても114億・・・額が額だけにすごいですよね。

 

マーク・ロスコのホワイトセンターの価格は?

スポンサードリンク

detail-rothko-classic-two-a

White Center, 1950 by Mark Rothko

 

1950年に描かれたマーク・ロスコのホワイトセンターですが、

2007年に7280万ドル(約88億)で落札されています。

 

コレ、もう価値がわからないですよねー。

 

ただし、ジャクソン・ポロックもマーク・ロスコも、

PCモニターで見ているから価値が伝わってこないだけかもしれません。

 

何しろ実物は205.8 x 141 cmとかなり大きいので。

迫力は凄そうですね。

 

それにしても118億とか88億とか・・・

何でそこまで価値が高まるのでしょうか?

 

僕が同じように描いたところで結局は一文にもなりません。

なぜなら僕にはホワイトセンターに至るまでの歴史もなければ、

それに伴う希少性もないからです。

 

モノがある触れている世界では、

希少性のあるモノに価値が高まります。

 

ということで今日はマーク・ロスコについて深掘りしていこうと思います。

マーク・ロスコってどんな人?

detail-rothko

http://www.nga.gov/content/ngaweb/features/slideshows/mark-rothko.html

 

1903年9月25日ー1970年2月25日(66歳死没)

マーク・ロスコ(Mark・Rothko)はロシア系ユダヤ人のアメリカの画家です。

ジャクソン・ポロックなどの抽象表現主義として有名です。

上の画像は50歳の時の画像です。

マーク・ロスコの画風年代順

 

detail-rothko-moving-untitled

 

detail-rothko-untitled

 

1920年の頃の作品。『無題』

 

detail-three-nudes

 

こちらの絵は1933−1934年頃のもの。『無題』

 

 

detail-street-scene

 

1937年 『Street Scene』

色々な手法の書き方を模索しているようです。

 

detail-omen-of-the-eagle

1942年 『The Omen of the Eagle』

この頃から徐々に難解な絵になり始め・・・

 

detail-rothko-untitled-nineteen-forty-five

1945−1946『無題』

この頃から抽象的な作風になってきているようです。

 

detail-untitled-nineteen-forty-eight

1948『無題』

detail-rothko-classic-two

1950

detail-rothko-seagram

1959『無題』

 

detail-rothko-fourteen

 

1969『無題』

 

絵画は生で見ることで圧倒されます。

その雰囲気、佇まい、厚み・・・

モニターではなかなか伝わらない何かがあるのかもしれません。

 

実は日本でもマーク・ロスコの絵画を見ることができる?

僕も今回しれべてみて初めてわかったのですが、

実はマーク・ロスコの絵画を生で見ることができる美術館がありました。

 

DIC川村記念美術館

千葉県佐倉市にあり、車でも電車(無料送迎バスあり)でも行けます。

 

 

rothko_room

ロスコルームなるかなり贅沢な作り。

 

ちょっと高尚なデートとかにもいいかもしれません。

 

億越えの絵画を目の前で見ることができるのは、

美術館の醍醐味です。

スポンサードリンク