斉藤です。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2で

マイケル・J・フォックスが乗っていたホバーボード。

なんとレクサスが完成させていました。

 

スポンサードリンク

 

 

「不可能なんてない。どうやって解決するかだ」

これが開発コンセプトのレクサスのホバーボード。

正直カッコイイです。

 

こちらは開発動画

 

映画とは異なり、磁力プレートの上を浮上させています。

 

 

TAKADAさんの発音には苦笑いが出てしまいますが、

こんなのやられたらレクサス買ってしまいますよね。

 

僕は一気にファンになってしまいました。

レクサスとか気になる方はココなら60秒で見積もり取れるみたいです。

 

ちなみにホバーボードの市場販売はしないそうです (⌒-⌒; )

 

一番最初に出てきた動画で使われている音楽、

Rudimental -Waiting All Night feat Ella Eyre

こちらのPVもグッときます。

こんなのを見せつけられたら、

無理とかできないとかいう言葉を使うのはバカげてると思えます。

 

スポンサードリンク