群馬館林市では過去最高気温の37度など、関東地方はかなり暑すぎて気を付けなければならない、最近の夏ですが、スッキリで熱中症対策として経口補水液の作り方を紹介していました。水分補給をしなければ、本当に熱中症などで倒れたり、最悪死にも至ってしまうかもしれませんので、注意が必要ですね。

熱中症対策の経口補水液は簡単に自宅で作れる

スポンサードリンク

スッキリで教えてくれていた経口補水液の作り方は

  • 水 500ml
  • 砂糖 25g ペットボトルのキャップ4杯
  • 塩 1.5g

これらを混ぜて終わりです。

 

飲み方としては一日に1Lまでとのこと。また、心臓病の方は医師の判断が必要だとのことです。

また、一気に全部飲むのではなく、少しずつ飲む飲み方が良いとのことです。

少しの飲みづらいのでレモンを絞ると良いそうです。

 

とはいっても、結構作るのは面倒ですね(笑)

ネットで調べましたがここが最安値でした。

日本薬剤 (廣貫堂) 経口補水液 500ml 48本(2ケース) ペットボトル クエン酸【送料無料 (沖縄・離島除く)】

 

熱中症だけでなく熱射病も気を付ける

スポンサードリンク

水分補給としては経口補水液や水分を多く取ることが重要になってきますが、熱射病も気を付けなければ・・・。

倒れるぐらいの熱射を浴びるのは体にも良くないですが、美容には大敵ですよね。

シミやそばかすなど怖いです。

 

日焼けクリームをなるべく塗ったほうが良いですが、塗れないときもありますし、汗で撮れてしまったら意味がありません。

そういうときのために、体内から天然ポリフェノールでケアするのが

雪肌ドロップ

 

便利な世の中になりましたよね。

この夏、その後もキレイに健康にい続けるためには、やはり適切なケアが必要ですね。