ダーン!!きましたマイナンバー制度

来年の平成28年1月からスタートですね。

スポンサードリンク


僕のところにはまだ届いていないですが、もう届きました?

 

しかも、すでにマイナンバー制度詐欺が始まっているそうです。

70代の人から数百万とられる被害が出ています。

老人からお金を騙すなんて最低ですね。

他にも身近なところでも詐欺?があります。

それについては後ほど・・・。

 

これによって、以前まですごく手間だった

住民票やら印鑑証明書、住民税課税・納税証明書とかが

コンビニで受け取れるようになるのですが・・・

 

ビビっている人がいますよね?

そうです副業・脱税がバレるんじゃないかってことです。

 

副業・脱税がバレる!?

 

スポンサードリンク

 

 

マイナンバーで便利になることは多いですが、

銀行口座や税金関連が緋もづいてくるので、

税務署にお金の出入りを全て把握されてしまうんです。

 

もっとも、脱税をしている人以外は

そんなに気にすることがないと思いますが、

把握されたくないお金持ちの方は、

すでに海外に資金を移動させています (⌒-⌒; )

 

もしくはこれまでに税金を納めてこなかった

キャバ嬢や風俗嬢、ホストなど・・・。

これはもう対処のしようがありません。

脱税は法律違反なので絶対にダメです。

しかも法律を知らなかったとかの言い訳もききません。

今からでも遅くないのでしっかり払いましょうね。

摘発されるよりも申告することで軽減されるので。

 

多くの人が気になるのは、

「副業をしていることが会社にばれないか?」ってことだと思います。

 

副業って会社にどこでバレるの?

 

もし副業がバレるとしたら住民税からバレます。

 

なぜなら、副業分を含めた税金を会社に通知しないといけないからなんです。

収入が多いとその分の税金が多くなるので、

会社としては「あれっ?この人の住民税多くない?」

となり副業しているのがわかってしまうんです。

 

中小企業とかだと

そこまでうるさくないかもしれないですが。

 

それでも、バレたくないですよね?

自分のプライベートをさらけ出したくないし、

本業の給与が上がらなくなる危険がありますし。

 

僕の場合は別に上がらなくても、

気ままにいけたらいいやと思っているのでバレてもいいですが、

多くの方は違うはず。

 

副業がバレない方法教えます。

情報は深く、深くがモットーなので、

これから副業がバレない方法を教えますね。

会社の同僚にも教えてあげて、

みんなのヒーローになってくださいね ( ´ ▽ ` )ノ

 

副業がバレるのは住民税からなので、

住民税の支払い方法を変更すれば解決できます。

 

住民税には2種類の支払い方法があるんですね。

ひとつは自分で収める普通徴収

もうひとつは会社員等が給料から天引きされる特別徴収です。

 

もし副業が給与所得(パートタイムとか他の会社で勤めてる)でない場合は、

住民税を自分で収める普通徴収にすればいいだけです。

 

副業がアルバイトなどの給与所得の場合・・・

原則的には本業の住民税とあわせた特別徴収になるので、

会社にバレる可能性があります。

 

原則的なので、そういう方は市役所などで早めに確認したほうがいいです。

手続きができる可能性もあるので。

 

マイナンバーで誰が得するかって、

確実に税務署ですよね?

つまり国が脱税をチェックできるわけです。

マイナンバーのせいで副業ができなくなり、

納税額が減ってしまっては本末転倒な訳です。

 

国はお金が欲しいわけですから。

だから基本的に副業がバレないようになるシステムになるはずです。

 

まあ、もしバレてしまったら

「僕の場合は遺産で不動産をもらって貸してるんです〜。」とか

「実は昔とった特許の不老収入があるんです〜。」とか

言って逃げ切ります!! ( ^_^)/~~~

 

とまあ、こんな感じで簡単に副業対策ができるわけです。

それにもかかわらず、

先日、会社でネットサーフィンをしていたら

こんなことをネタにコンサルをしている詐欺サイトがあったので、

本当にみなさん注意してくださいね!!

 

何れにしても副業をしている方は

確定申告をしてしっかりと納税することが必須ですよ。

経費で結構落とせるので節税にもなりますし🎵

 

スポンサードリンク