中国の天津市での大爆発事故からもうすぐ2ヶ月。

これまでの経緯をちょっとまとめてみました。

 

2015年8月12日に中国天津市の危険物倉庫が大規模爆発。

倉庫に保管されていたものはシアン化ナトリウム、硝酸アンモニウム、

硝酸カリウム、炭化カルシウムなど。

そのため神経ガスが生成されていた可能性があります。

 

 

 

スポンサードリンク

ちなみに保管されていたシアン化ナトリウムは700トンほど

保管されていた可能性があり、

700トンは23億人の致死量とのこと (´Д` )

また水に反応して爆発するのですが、

「10分ほど水をかけると音がして光りだし爆発した。」

と答えた消防隊員もいたとのことで、

初期消火で化学薬品に対して水で消火したという

消防側でのミスもあった可能性があります。

 

中国の情報統制が入ってよくわかりません

 

おきまりの中国の情報統制が入ったため、

死傷者数やどんな影響があるのかはわかっていないですが、

10万人に影響がでているとのこと。

 

動画から察すると、

爆発は2回あり1回目の爆発はTNT火薬3トン

2回目の爆発はTNT火薬21トン

相当だったとのこと。

爆発の凄さが分かる動画をいくつか挙げていきます。

閲覧には注意してください。

 

 

 

ちなみにTNT爆薬というのは

爆発で放出されるエネルギーを

トリニトロトルエン(TNT)の質量で換算したものです。

とはいえ僕みたいな一般人にしてみれば、

わかりやすいのかわかりにくいのかギリギリなラインですが。

 

広島原爆がTNT換算15キロトンとのことなので、

今回の天津市の爆発はその625分の1

625倍の爆弾を落とされた日本って、

もっと怒った方がいいですよね。

 

ちなみに天津ってどこだ?

スポンサードリンク

よく甘栗とかで聞きますが、

天津ってどこだろうって調べたら、

結構近所なんですね。

 

一応、学者さんの話では

日本に危険物による健康被害はないと言いますが。

ちょっと近すぎて怖いですよね。

 

港なので魚などにも影響があるかもしれません。

当局はないと言っていますが。

 

天津大爆発でみた本当の恐ろしさ

 

今回の天津の大爆発で、

中国当局のやり方がよくわかったかと思います。

情報統制や消火方法など。

 

情報統制がかかるために、

事件の再発防止が難しくなってしまうんですよね。

だってなかったことになってしまうから。

そして天津の一帯は国立公園になるとのこと。

爆心地は池らしいです。

 

結局、情報統制のせいで

消火技術や安全対策は飛躍的に上がることはなく、

同じような事件を再発してしまうんですね。

 

僕が今回の事件で中国が本当に怖いと思ったのは

この安全対策についてです。

別に僕は日本の技術に奢っているわけではないのですが、

中国の技術力で原子力って相当やばいのではと最近思っています。

 

 

ちなみにこちらが中国の原子力発電所の場所とのこと。(Wikipediaより)

えっと・・・なんで日本側ばかり (´Д` )

 

これ、爆発したら確実に日本海、九州やられますよね?

 

国内で原発反対運動していますが、

それ以前に中国とかにもしないと・・・。

 

こんなことを調べていたら、

ちょっと不動産購入とかはもう、

やめたほうがいいかもと思えてきています。

参考までに。

 

今回の事故でお亡くなりになられた方にお悔やみ申し上げます。

 

スポンサードリンク